トロフィーってどう選ぶの?選び方や用意するもの

トロフィーの歴史とは

スポーツや競技などの勝敗が決するイベントにおいて贈呈されるのがトロフィーですが、本来は戦利品を意味します。戦争で得た兜や鎧、盾などを戦利品として飾っていた由来から、現代でもトロフィーには盾形が存在しています。また、勝利を祝う為の盃から発展して、優勝カップと言われるカップ型のトロフィーもあります。ギリシャ語で戦利品を表す「Tropaion」が語源と考えられており、勝者に贈られる物として古代からあったと考えられています。

どんなトロフィーが良いのか

トロフィーを選ぶ際のポイントと言うのは、実はありません。素材、形状、値段などが多種多様に存在するためです。開催する競技の内容にあったデザインを選んだり、歴史ある競技ならば、伝統に則ったデザインを選ぶなど、開催する内容によって左右される他、ゴルフコンペなど小規模な場合であっても、開催者や参加者の好みによる所が大きくなります。一概に、コレと言う物は無いので、予算、素材、形状など、好みの物を用意するのが良いでしょう。

持ち回りと取り切りの違い

年に何度も開催されるような競技、例えばゴルフコンペの場合などは、本杯とレプリカを用意するのが良いでしょう。優勝者に本杯を授与し、次の大会時に返却してもらいます。その時、手元に残す物としてのレプリカが必要になります。しかし参加者が毎回変わるようならば、この方法ではなく、取り切りとしてトロフィーを用意した方が良いですね。開催日や優勝者の指名などを記載して、後日に渡すという方法でも良いでしょう。場面や競技の内容によって臨機応変に選んでいく必要があります。

トロフィーは大会や競技会などで優勝または優秀な成績を収めた者に渡される記念品です。一般的に目標を達成した証しとして、長く保存・展示されます。