インターネットにおける誹謗中傷対策を考える

誹謗中傷とインターネット

誹謗中傷をある日突然インターネット上をされるというのは何も有名人や芸能人に限っての話ではなく、私たちの身近にその危険は存在します。一度誹謗中傷を行うとインターネット上にその書き込みが残るので、本人の目に入ってしまう確率は高くなります。また最近では携帯カメラを使っての写真撮影をした上での誹謗中傷も増えており、その悪質性と具体性が増しているのです。なので、私たちはいつ誹謗中傷にさらされても対策できる手立てをしておく準備がいります。

誹謗中傷をするのは知り合いだけじゃない

誹謗中傷は知り合いだけでなく、ただ電車で同じ車両に乗り合わせた見知らぬ人から受けることも稀にあります。それは写真を無許可で知らぬ間に撮影されてSNS上にアップロードされて悪口を書かれたりする行為です。それは今の現実において頻繁に行われていることで、表沙汰にはなりませんが事件として捜査されることもあります。インターネット上での誹謗中傷は多くの人の目に留まるので精神的に大きな傷を負うとして損害賠償を請求することも出来るのです。

誹謗中傷を見つけたらまずやること

誹謗中傷をもしされて、それが自分の目で確認できた場合はすぐにその証拠を押さえることが大事です。アップロードしてもそのデータは拡散されて消えることはありませんが、その出所というものをしっかりと押さえておく必要があります。アップロードして誹謗中傷をした本人がそれを削除して自分はやってないと証言した場合、事態が面倒になることもあるので自分でその証拠を押さえておいてそれを突き付ければ問題の解決が早まるということです。

2ちゃんねる削除について興味を持っている場合には、なるべく信頼のできるプロにサポートをしてもらうことが重要です。