ニュースで聞いたことがあるビットコインとは

仮想通貨のビットコイン

皆さんはニュースで、一度でもビットコインという言葉を聞いたことはないでしょうか。そもそもビットコインとは何かを知らない人もいるのではないでしょうか。ビットコインとは仮想通貨の一種で、円やドルなどのリアルな通貨と同様にお金の扱いになります。単位はBTCと表記され、1BTCというように表記されます。これは仮想通貨なので、手に取って表せるものではありません。ビットコインは世界中で利用できるように開発され、ニュースなどでそのことが広く知られるようになりました。

一般的な仮想通貨との違い

オンラインゲームをプレイしている人なら、仮想通貨のイメージは大体わかるのではないでしょうか。一般的な仮想通貨は、円やドルなどを支払ってゲーム内で使えるようにするためにあるのです。ゲームに限らず、様々なWebサイトでポイントの購入により、サイト内で利用できる仕組みもあります。ビットコインも同様に購入して利用できるようになっていますが、双方の違いは一般的な仮想通貨が企業単位で開発されていることにあります。ビットコインは全世界で利用できるように開発され、世界中で利用者が多くいます。

ビットコインを利用するメリット

ビットコインは経済活動を円滑に進められるように利用され、パソコンやスマートフォンを通じてショッピングなどができます。ビットコインは国家や企業が関与していない仮想通貨として、全世界に流通しています。個人間の送金が簡単にできることが一番のメリットとなっています。個人間での送金が簡単にでき、通常の送金なら銀行を介して行うところが、銀行を通さず直接送金できます。そのため手数料がかからず、流通が自由にできるように制限がありません。

ビットコインは世界中での利用を目指して作られた仮想通貨です。国家単位で運営される円やドルと同じく経済活動を円滑に進め流ために作られました。