ネットでの誹謗中傷は犯罪?驚きの風評被害対策

ネットでの誹謗中傷に対する認識

インターネットで誹謗中傷をしてしまう人が多いです。そもそもインターネットに書き込む人の中で結構な数の人がストレスのはけ口のように使っていたりしますよね。まとめサイトへのコメントなんか見ると、基本的ネガティブなコメントが多いです。面識もない人にいきなりタメ口であるばかりか、「おめー」とか普通に書きますよね。インターネットの手軽さが産んだのか?この風潮はよくないなぁと思います。匿名だしばれないだろうと考えてやってしまうんでしょうが、もし犯罪として認められてしまえば、プロバイダー側にIPアドレスの開示を求めて、簡単に犯人を特定することだってできるんです。

間違ってついついやってしまう誹謗中傷の種類とは?

誹謗中傷は本当にやるべきではありません。ですが、個人を傷つけてしまう誹謗中傷よりも会社や団体などを間違って、誹謗中傷してしまうことのほうが実際やってしまいがちです。個人なら解りやすいですが、会社や団体は分かり難いです。そんなつもりはないのに、風評と捉えられ、名誉毀損罪になってしまうということもあり得ます。ですので、不確かなことを書いたり、予測や憶測で会社や団体を批判することはしないように注意が必要ですね。

風評被害対策の専門家たち

ネットでの誹謗中傷や風評の問題に対して対策してくれる専門家の存在があります。誹謗中傷対策コンサルティングとか風評対策コンサルティングなどと呼ばれるサービスです。そこを専門に扱っている会社もあります。例えば、ちょっとした気持ちで書いてしまったことでも、会社のイメージダウンに繋がると判断された場合は、その企業はこういうコンサルティング会社に依頼して、専門的に法的に犯人を特定してくる可能性もあるのです。

風評被害対策は、弁護士に相談するのが一番です。その後損害賠償を請求したり、刑事告訴をするときもスムーズに進められます。